2017年06月

まちの音楽ひろば  その1


私が、Studio Cantataをはじめて、7年ぐらいになるでしょうか?

ひとつひとつ、積み重ねていった結果、活動が少しずつ広がっていきました。


Studio Cantataまちの音楽ひろば


まず1つめ・・・

なんといってもffキッズ  ですね。


こちらの活動は、子供たちを集めて地域の公民館で歌を歌うようになったのが始まりでした。

始めは、自分の子供を入れて5人(笑)

コンサートにでるのにも、色々と掛け合って、なんとか出してもらって~

しかも、出演するメンバーもいない。。。

どうなってるの???

必至で子供たちをかき集めました。

そんなこんなで、地道に地道に続けていきました。

ffキッズには、不登校のお子さんもいたし、発達障碍のお子さんもいたし、年齢もバラバラです。

しかし、歌を歌ってるときはみんな同じ。みんなが同じ歌を、そして音楽を共有して歌います。

練習は、楽しい!!がモットーで技術的なことは一切言いません。自由にのびのび歌います。

しかし、みんなとても歌が上手です。

「どうしてだろう」とよく考えます。

音楽とは、教えられるものではなく、個人の感性にゆだねられるものって大きいと思うのです。

だから、ガンガン好きな歌を歌って、感性を養い、喉を鍛え、身体を鍛え、

そしてコンサートにたくさん出演して、人前に立つことが特別ではない状況というのを作っている結果かなと思っています。


今は、わが子たちは中学生になり、ffキッズを卒業しました。

今は、わが子たちは参加していませんが、20人を超えるメンバーが歌ってくれています。

今は、西宮市内でしか活動できていないffキッズですが、もう少ししたら、月に1度でも貧困地域に出向いて、一緒に歌える時間を持てたらいいなと考えています。


ffキッズをこれからもよろしくお願いいたします。

そして、ご支援いただけたら有難く思います。











Studio Cantataのまちの音楽ひろば

私が、Studio Cantataをはじめて、7年ぐらいになるでしょうか?

ひとつひとつ、積み重ねていった結果、活動が少しずつ広がっていきました。

「どの活動にいちばん力をいれているの?」と聞かれますが、どれも真剣で、どれにも全力投球です。

しかし、最大の難点は、、、


私の集中力が続かない・・・


なにぶん、一人で全部やっているもので、あれを考えて、これを考えて・・・


その間に、自分の家族のこと。子供のこと。。


しかし、本当にどの活動も真剣で全力投球です。


自分で言うのもなんだけど、どの活動も素晴らしい


と、自画自賛しているのです


そんなことを考えていたら、やっぱり一人で動かすのには限界がある、誰かに手伝ってほしい。


と最近思うようになってきました。


そしたら、高校からの友人が賛同してくれて、一緒に頑張ってくれるとのこと


法人化を目指して頑張ろう!!ってことになりました。


これから、もっともっとたくさんの力がほしい・・・


私が、掲げていきたい「まちの音楽ひろば」


これから、ブログで少しずつご紹介していきます。


ご賛同いただける方、そしてご協力いただける方、一緒に「まちの音楽ひろば」作ってくださるかたを募集したいなと思っています。


これからもStudio Cantataよろしくお願いいたします。











プロフィール

mikity

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ